インフォメーション

トップインフォメーション > 応募支援

応募支援

協力隊ナビ

青年海外協力隊 経験者と語ろう!

・日時:平成27年8月8日(土) 15:00〜16:00
     平成27年8月22日(土) 15:00〜16:00
・場所:JICA横浜 2Fワークショップコーナー(みなとみらい線 馬車道駅下車 徒歩8分)

同日開催の帰国報告会の後に同会場で行います

 

※過去の協力隊ナビ

○日時:平成26年10月25日(土) 13:00〜17:00
     平成26年11月22日(土) 13:00〜17:00
     平成26年12月20日(土) 13:00〜16:00
・場所:カフェ 茶るら 貸しスペース (大船駅より徒歩5分)

詳細は、こちら をご覧下さい

○日時:平成26年7月26日(土) 13:00〜16:00
・場所:カフェ 茶るら 貸しスペース (大船駅より徒歩5分)

詳細は、こちら をご覧下さい

○日時:平成26年7月26日(土) 11:00〜13:00
・場所:カフェ 茶るら 貸しスペース (大船駅より徒歩5分)

詳細は、こちら をご覧下さい

○日時:平成24年6月24日(日) 12:30〜
・場所:独立行政法人国際協力機構 横浜国際センター(JICA横浜)1階会議室

詳細は、こちら をご覧下さい

○ 平成23年2月12日(土) 12:00〜15:00
・場所:JICA横浜3階国際協力連絡室(ポートテラスカフェ前)
(13:00〜13:50はセミナールーム4にてセネガル現地調査帰国報告会を開催の為休憩)
・詳細は、こちら をご覧下さい

青年海外協力隊 体験談コーナー

青年海外協力隊 経験者と語ろう!

・日時:平成24年2月11日(土)・12日(日) 11:00〜16:00
・場所:JICA横浜4階 休憩室ルーム

詳細は、こちら をご覧下さい

協力隊体験記

◆ 映画『Walk Together -いっしょに歩こう』 (H23−2 青少年活動 望月大吾)

平成23年度2次隊、ガーナ、青少年活動、望月大吾と申します。ガーナのサベルグろう学校で、ICT 教員として活動しました。赴任して3ヶ月、2年間の活動計画を立てた際、自分の活動の最終目標をビデオ制作としました。これは「ろう者の側から社会へ発信する」を目的とし、人々にとって一番楽しく分かりやすい方法は何かを考えて決めました。活動では、・・  >> more

◆ 胡椒の丸呑み (S41 農業 後藤隆郎)

日本に「胡椒の丸呑み」と言われる諺があり、私は海外生活の仕事でこの諺に出会いました。歯でコショウの果実を噛み砕きますと市販されている荒挽き、粉と異なり強烈な辛味と香りを感じます。物事は噛み砕きあらゆる角度から吟味しなければならない言う意味です。私たちの人生に必要な諺ではないでしょうか・・・  >> more

◆ カムカムと私 (S41 農業 後藤隆郎)

2000年代に日本国内で話題になったペルー・アマゾン河に自生している在来果樹カムカム(Myrciaria dubia)はフトモモ科に属し、日本の熱帯作物の書籍にない新しい植物です。 そのカムカムの研究開発に参加し初めて日本の書籍に紹介したのはいもづる会の一員であることを・・・  >> more

◆ 第2の故郷 コスタリカ (H7-3 電子機器 西山英治)

みなさん、コスタリカと言う国をご存知でしょうか?中南米にある小さな国です。私はその国で、青年海外協力隊員として2年間活動しました。仕事は柱上変圧器の修理に関する技術協力でした。ここでは仕事の内容よりも、コスタリカで暮らした2年間で、特に印象に残っている・・・  >> more

◆ ブルキナファソ・ガイド (H14−1 植林 畦地祟敬)

Q: 日本人はどれくらいいますか?いるとすればどんな方、目的の方が多いのですか?
A: 50人くらいでしょうか。そのうちJICA関係者、協力隊員が大多数を占めます。そのほかはNGO現地スタッフや宗教団体関係者の方がいました。 ・・・  >> more

◆ ブルキナファソ体験談 (H14−1 植林 畦地祟敬)

@どんな国なんですか?
ブルキナ・ファソ(Burkina Faso)は西アフリカの内陸国(海から50 0kmくらい離れてます)で、北と西はマリ、東北ではニジェール、東 南ではベナン、そして南ではコート・ジボアール、ガーナ、トーゴと国 境を接し、国土はおよそ日本の7割で、その大部分は平坦な土地 です。 ・・・  >> more

◆ いってきましたコロンビア! (H13−3 栄養師 吉永加那)

コロンビアは、政府、マフィア、ゲリラの闘争が現在も続いている内戦国。ゲリラに土地を追いやられる家族、福祉の行き届かない社会、失業者の増加、そして治安の悪化・・・これらの影響を一番受けているのは一般庶民である ・・・  >> more