インフォメーション

トップインフォメーション東日本大震災支援 > 活動報告 〜 2011年4月中旬〜10/22 各種支援活動

2011年4月中旬〜10月22日 各種支援活動

担当

蝦名高三 (S54-4 ケニア 自動車整備)

活動内容

◆ 4月中旬

OCA中部支部からの情報により、協力隊OB石巻支援プロジェクトの活動支援のため、神奈川県内の協力隊OVおよび勤務先有志の協力でテント&食料を収集。

◆ 4月29日〜5月1日

東京OB会会長 羽熊氏の同行ご協力を得て、石巻市渡波小学校の協力隊OB会活動拠点に食料を、同石巻専修大学の拠点にテントを運搬。

◆ 6月25日〜26日

ふんばろう東日本の情報により、石巻と東松島の個人宅へ食料と家電を調達。

◆ 7月1日〜3日

厚木市企画のボランティアバスに参加、遠野市の公民館に宿泊。
大船渡市の海鮮加工会社倉庫の昆布倉庫片付け、および市内の側溝泥だし。

◆ 7月22日〜23日

かながわ東日本大震災ボランティアステーション(以下ksvnと記す)のボランティ アバスに参加。
石巻市湊小学校を拠点としての、側溝泥だし作業。

◆ 8月6日〜10日

ksvnボランティアバスに参加、遠野市のksvn活動拠点(通称金太郎ハウス) に宿泊。
大船渡での側溝泥だし、および陸前高田での森林内瓦礫撤去。

◆ 8月26日〜30日

ksvnボランティアバスに参加、遠野市のksvn活動拠点(金太郎ハウス)に宿泊。
陸前高田での畑瓦礫撤去、および大槌町での宅地瓦礫撤去。

◆ 9月9日〜10日

ksvnボランティアバスに参加、車中泊。
石巻市湊小学校を拠点としての、側溝泥だし作業。

◆ 9月23日〜24日

ksvnボランティアバスに参加、車中泊。
石巻市湊小学校を拠点としての、側溝泥だし作業。
特記:9月21日、台風15号直撃、被災地や仮設住宅でも台風による浸水被害が出た中、ボランティアセンターのスタッフから「これまで神奈川ボランティアの皆さんが側溝泥だしを行って来た地区では浸水を免れました」との話を頂き、感動しました。

◆ 10月7日〜8日

ksvn「ぽかぽかプロジェクト」に参加。
福島市内の仮設住宅4箇所に、冬物衣類を配布。

◆ 10月21日〜22日

ksvnボランティアバスに参加、車中泊。
石巻市内お寺境内の砂利による整地作業、および商店街の店舗内泥清掃作業。
特記:10月末、ksvnボランティアバス参加者から「陸前高田の瓦礫撤去した場 所で、少年野球チームの練習が行われて居り、子供達の元気な声が響いていました」 との報告が有りました。その場所は、炎天下の中で汗だくになって瓦礫撤去をした場所でもあり、とても嬉しく感じましました。
一人ひとりの小さな力で活動するボランティアですが、多くの人達で継続する事の大切さを感じます。

以上、今後も自分で出来る活動を継続して行きたいと思って居ります